エンジンオイルの役割

エンジンオイルの役割は主に3つ

 

エンジンオイルの話をします。

エンジンオイルの役割は主に潤滑、放熱(冷却)、洗浄の3つです。

安いオイルはこの3つの性能は低いです。

特に洗浄能力が低く、エンジン内部の汚れを取ってくれません。

その為、エンジン内部にヘドロのようなものが溜まりエンジンが壊れる原因となります。なのでマメにオイルを交換してください。

2回に1回はいいオイルを入れてください。車を長持ちさせるコツです。

良いオイルといってもそんなに高いオイルでなくても構いません。

唯、よく人集めで行っている100円オイルなどは危険だと思います。

私の店ではワコーズさんのオイルも取り扱っています。是非オイル交換も立ち寄ってください。

交換の目安としては3000キロ又は半年、もしくは5000キロ又は半年で交換して下さい。

距離を多く乗られない方もオイルは劣化しますので半年に一回は交換して下さい。

私の店では数種類のオイルを在庫しています。オイルエレメントは全ての車種の在庫はありませんのでお問い合わせ下さい。

車を買って頂いていないお客様のエンジンオイル交換も喜んでやりますのでお声を掛けて下さい。

TEL 086-460-3210 担当 田中 三宅