ルーフテント キャリア 適合と耐荷重

ルーフキャリアの選択

イージーキャンパー岡山の三宅です。

ルーフテントを取り付ける際のキャリアって何を選んだらいいのだろう?

ルーフテントの重量と大人2人の体重を支えるだけの耐荷重がキャリアにあるのだろうか?

車の屋根が凹んだりしないだろうか?

不安要素について一緒に考えていきましょう。

取り付けるルーフキャリアとはどんなもの?

ルーフキャリアとは車の屋根に取り付ける荷台のようなものです。イメージ的には軽トラの荷台を屋根に乗せたようなものです。

ルーフテントの取り付けには箱のようなキャリアは使わず、下記のようなバー、ステー、フックを使います。

Bar/バー
Bar/バー

アタッチメントを取付けるために必要です。(車種や積載物により長さを選びます)

Stay/ステー
Stay/ステー
Hook/取付フック
Hook/取付フック

クルマとステーを固定する金具です。車種により不要の場合もあります。

キャリアの数と耐荷重

 

ルーフテント イージーキャンパーシリーズの取り付けは

基本的にINNOさんキャリアを使って取り付けを行っています。

車種によってはTERZOさんのキャリアを使います。例)アクアなど

一言でキャリアといいますが バー、ステー、フックの3点で成り立っています。

バーは共通ですがステー、フックは車種によって異なります。

ハイエースのような雨戸いタイプは2セット、計4本必要になります。

3本で取付け出来る車種も多く、イージーキャンパーグループのマッツさんが開発した

マッツキャリアを3本目のサポートキャリアとして取り付けします。

サポートキャリアがあることでしっかりと固定できて荷重の分散が出来ます。車種によってはサポートキャリアを2本入れます。

ルーフテントのような遊び道具は特に、安心と安全が大切です。

不安を抱えていたら楽しめませんから

では見ていただきましょう

写真もマッツさんにお借りしています。

左の写真が 白アルマイト仕様11,800円(税込) 

右の写真が 黒アルマイト仕様13,800円(税込)

別途送料が2160円掛かります。在庫があれば掛かりません。

INNOさんのバーが黒なので色を揃えたい方は

色を気にしない方はシルバーでいいでしょう

黒はいろいろ手を掛けているので2000円高くなります。

 

改良に改良を重ねて今の仕様となりました。マッツさんありがとうございます。

マッツさんのサポートキャリアはイージーキャンパーシリーズ専用のサポートキャリアです。

 2本のキャリアでのルーフテント取付は耐荷重の問題、バランスの問題などから行っておりません。

車の適合情報や耐荷重に関しても掲載していますので参考にして下さい。

 

 

私の車は100系ハイエースWです。適合からするとステーはINMDKとなります。積載量は60キロとなっています。2セット使用しますので単純計算すると積載量は120キロとなります。

ルーフテントの重量が約60キロ、私の体重が75キロなので135キロでオーバーとなります。積載量の規定は車が動いている時(一番負荷が掛かる時)に掛かる耐荷重のようです。

車が動いているときの荷重を動荷重と呼び、動荷重で計算した積載量となります。

高速走行や、山道の上り下りやカーブ、とっさの急ブレーキなども視野に入れて余裕を持たせて積載量の計算をしているようです。

まさかINNOさんもルーフテントを載せるとは想像していなかったかもしれません。

悪条件を加味した積載量が60キロなら車が止まっている状態なら3倍から5倍は耐えられるのではないでしょうか?

諸説あります。5倍は大丈夫だろう、3倍くらいまで などです。

駐車した状態だと果たして何キロまで耐えられるか? 正確な情報はありません。

我が家で子供と友人たち計5人でルーフテントで遊んでいます。中学生の女の子なので体重は聞いていませんが、一人45キロで計算すると225キロです。

それでも車が傾く事もなくミシミシ音が出るわけでもなく楽に支えてる感じがします。

予想では60キロが2セットで120キロ 3倍は充分耐えられるとして360キロです。

個人的な見解なので自己責任でお願いします。

 

キャリア関係の余談です

キャリアを付け、その上にルーフテントを乗せると全高が高くなります。

ハイエースの場合、高さが240センチを超えました。

245センチも250センチもあまり変わらないような気がしますが、

高くなればハシゴの角度が急になり降りるのが怖くなります。

 

背の高くない車は少し高い位置にルーフテントがあってもいいと思います。

風通しも良くなりますしルーフテントから見る景色もよくなります。

背の高くない車はハシゴの角度がゆる過ぎる為、ハシゴを短く切って長さを調整する場合もあります。

三宅のキャリアの失敗談

私の失敗談を紹介します。先ほど説明したキャリアのステーの話です。

INNOさんの適合表ではINMDKでした。取り付けると屋根とステーの間が結構空いています。

店がボロくなってサビがモロに見えています。店はボロくても人は錆びていませんよ

 

 

これならもう少し低いステーINDDKが使えるのでは?と思いました。

ハイエースにトリプルムーンルーフが付いていたのでリヤ2つのムーンルーフの事を考えるとINMDKだったのでしょう。

リヤムーンルーフを使わなければ7センチ低く出来るので痛い出費でしたがステーをINDDKに交換、取り付け直しました。

実際、私のようなケースもあると思いますが、取り付けして見ないと分かりませんよね。

私はハシゴの角度が急すぎたので交換しましたが、結果は大満足です。

夜中にトイレに行くのが怖くなくなったのは私には大きかったです。

ルーフテントの取り付けもお客様と一緒に行う事でいろいろ分かる事もあります。

取り付け位置の微調整も出来ます。

屋根とキャリアの隙間が広いと洗車がし易いというメリットもあります。

サンルーフ装着車の注意点

キャリアメーカーは基本的にはサンルーフ装着車の場合は、取付保障はなくあくまで「自己責任」となります。

サンルーフがルーフキャリアと干渉することはまずないと思います。

神奈川代理店の㈱マッツ松本さんの話です。

経験上のお話しかできませんが、サンルーフ付のお車でルーフテントをお付けになった方は結構いらっしゃいます。
みなさん問題なくご使用いただいていますが、最終的には自己判断ということだけはご理解いただきたいと思います。
車のルーフをまるまるくり抜いてしまう「ポップアップルーフ」に比べれば問題は少ないように思いますが・・・(あくまで私見です)

まとめ

長々と説明させて頂きました。

最後に知っておいてもらいたい事を伝えます。

元々、車の設計時には屋根の上に60キロ以上のルーフテントを乗せるとは想定していないはずです。

ルーフキャリアに関しても実際は耐荷重よりも多く積載出来るでしょう

でもメーカーさんの積載量は30キロから80キロです。

サポートキャリアを1本、2本入れ積載量を増やすことは出来ますし荷重を分散させることが出来ます。

取付に関してもイージーキャンパーグループの長年の経験とサポートキャリアの改良などにより、どこよりも安全に取付出来る自信はあります。

但し車の大きさ、屋根の形状などにより取り付けに適している車と適していない車があるのは事実です。

適していない車に対してもサポートキャリアの位置や本数を増やすことで取付は可能になっています。

どんな要望にも出来るだけお答えしたい、協力したい気持ちは強く持っています。

最善を尽くしますが、いろんな影響が出てくる可能性を理解して下さい。

燃費が悪くなる、風にあおられる、ことは充分考えられます

屋根にひずみが出る、ことも考えられないわけではありません。

傷が付く、塗装が痛むこともあるでしょう。

このようなことを理解して頂いてルーフテントを使って頂きたい。

細かい方、少しの傷、凹みも嫌な方はお勧めできません。

ルーフテントは販売、取り付けしてからお付き合いが始まると思っています。

私からルーフテントを購入された方にはルーフテントを使われている間はずっと相談に乗りながら関わっていきたいです。

但し、自己責任の部分が多いことをご理解下さい。

 

ルーフテントは高価な買い物です。いろんな事を一緒に相談しながら楽しくやっていきましょう