イージーキャンパーe-シェルフィッシュ 

イージーキャンパーe-シェルフィッシュの価格と緒元

ルーフテント イージーキャンパー岡山の三宅です。新型ルーフテントの中で収納が一番楽です。
イージーキャンパーe-シェルフィッシュの緒元
外寸縦215㎝×幅140㎝×高さ27㎝(収納時)
室内有効寸法 縦210㎝×幅135㎝×高さ120㎝
ダブルベットサイズで広く、長く、3人寝られるのが大きな特徴です。
重量は47キロ

電動モデルの中では一番軽いのが魅力です

価格は税込み 408,240円
伸縮ハシゴ、冬用インナーテント、靴収納袋、ソーラー付ランタンが標準装備です 
シェルフィッシュは大きい人には不向きだと説明しましたが、
電動モデルは足元が持ち上がりルーフテントに干渉するのを防いでくれます。
180㎝の私の足です。干渉しないので大きい人、いいですよ。
下の写真がシェルフィッシュです。足元が全然違うでしょう!
一人ならシェルフィッシュ、2人又は大きい人はe-シェルフィッシュがおススメです。

電動ルーフテントを選ばれる方へアドバイス 

e-タワーと悩むと思います。
私は現在使っているルーフテントはe-タワーです。10回以上は使いました。
同じ電動タイプのルーフテント、e-シェルフィッシュと比べてみました。
断然e-タワーが広いのですが、e-シェルフィッシュは高さがあるので、想像以上に広く窮屈な感じがしないのです。
子供と夫婦2人で寝るのならe-タワーを選びますが、2人ならe-シェルフィッシュもいい

e-シェルフィッシュは収納が簡単だから

e-タワーも簡単なのですが、e-シェルフィッシュはもっと簡単なんです。これは大きいです。
使っていると慣れますが、やはり簡単な方がいいです。
写真のように閉じる手前でストップさせ、生地を入れ込んでから閉めます。

電動は好きな場所でストップ出来るのが利点です。

ルーフテントマスターは収納上手!
ルーフテントは収納が簡単なのが特徴ですが、もっと楽に出来ないか!という欲が出てきます。

ずぼらな人は楽を好んで、キチンとした方は収納上手になる、それによって選ぶルーフテントも変わってくる

ダンパー式シェルフィッシュは小さいですが、電動は広いし、e-タワーよりも8キロ軽いというのが悩ませるんです。
仕舞えばこんなにも薄いんです。

写真は私の農業用軽トラでハードカーゴキャリアの上に乗せました。

最後に辛口のルーフテント屋が本音を語ります。

e-タワ-とe-シェルフィッシュで悩まれているかもしれません。私はe-タワーを選びます。同じ電動なら広い方がいいからです。

確かに収納はe-シェルフィッシュが楽ですが、少しの差です。値段がほとんど同じなのでe-タワーでしょう。

e-シェルフィッシュが3万円安ければかなり悩むでしょうね!