イージーキャンパー レボリューション 

レボリューションの大きさ、重量

ルーフテント イージーキャンパー岡山の三宅です。このルーフテントは私が愛してやまないルーフテント 大好きです!

外観の大きさは

縦215センチ×幅130センチ×高さ31センチ 

上にハシゴが乗りますので、高さは3センチから5センチ高くなります。

曖昧な理由は、ベルトを締めなかったりハシゴを縛らないと高さが変わるからです。

私はずぼらなので5センチ程高くなっています。きちんととすれば2センチアップで済みます。

展開時の室内サイズ 

長さ 200センチx幅120センチとなります。

セミダブルベットのサイズと同じです。

室内高は高い部分で110センチ(庇側です)低い方で85センチです。

重量は約63キロです。

ルーフキャリアによって高さは変わりますが、車種適合のキャリアを使った場合は、全高が10センチ前後高くなると考えて下さい。

最大の特徴は電動で開閉出来ることです。リモコン一つで操作出来ます。

ソーラーパネルで充電されたモバイルバッテリーが電源となります。
モバイルバッテリーが空になることも少ないようです。

もし、モバイルバッテリーの電池が切れても、シガーライター用の線とソケットが付属しています。

両方使えるのが嬉しいですね。

 リモコンは失くさないで下さい。ルーフテントが収納できません

リモコンはスペアが付属していますので2つ持ち歩くと一つなくしても安心ですね

レボリューションの好きな所

レボリューション
実際に私が使って良かった所と残念な部分をお伝えします。

これから使いたいとお考えの方に想いが伝われば嬉しいです。

電動で展開する時の機械音がたまらない

ここは外せません。電動で展開して行く様もお~、って言ってしまったくらいの感動があります。

男性ならこの気持ち分かってくれると思います。

シャフト部分の機械的な所とシルバーの色、そして機械とは一見アンバランスに見えるテントが融合されて何かしっくりきます。

展開が終わってから梯子を下ろした後、大きな庇を上げるとテントの内部が顔を出します。

庇を開けた時に中から現れるレボリューションの内部、さっきまでペチャンコだったのにそこに部屋が出来ています。本当に基地のようです。

中はセミダブルサイズです。庇がある部分が高く、反対側は少し天井が低くなっています。

庇にはダンパーが付いていて容易に開け閉めが出来ます。私はこの庇の開け閉めが好きです。

軽い力で作動しますが、それをアシストしてくれるダンパーが良い仕事してくれています。

ダンパーがアシストしてくれている時の音が又、好きなんです。

庇を開けた時の解放感がいいですね。開けた時に光と一緒に景色が飛び込んできます。

この解放感が味わえるのはレボリューションだけです!

地上2メートルのルーフテントから景色を眺めながらのコーヒーは最高です。

レボリューションの残念なところとは?

私個人の意見ですが、レボリューションな残念な部分を語ります。

天井に高い所と低い所があるので少し狭く感じます。

タワーが広く感じるのは天井が高いからです。

私は身長が181センチありますのでそう感じるのかもしれません。

他には大きな問題、価格です。正直私も悩んだのが価格です。

レボリューション40万、タワー 30万 この10万円の差です。

使ってみたら、なるほど10万円の差の意味が分かりました。私の性分ならレボリューションで正解でした。少しでも楽をしたい、その為なら10万円は惜しくない。

タワーは収納に少し手間がかかります。コツもいります。(旧タワー)

何度も開閉を重ねると電動は楽でいいなと思います。

優越感がたまらない。皆が羨望のまなざしで見てくれます。まるでいい女を連れているような感じです。女性の方すみません。_(._.)_

欠点の一つにテントの中に少量の荷物しか積めないという点があります。

ベルトが閉まるギリギリくらいまで荷物を積んでいます。見た目は悪いが実用重視です。

最後に故障が気になる点をあげますが、故障自体少ないです。

故障しなければ問題ありませんが、電気系が故障をすればテントを畳めなくなります。

そんな場合はエマージェンシーバーを使って収納することが出来ます。

故障する場所も大体特定できているので、部品の在庫をご用意しています。

実際にあった故障のお話

高速道路を120キロの速度で走って総販売元の森さんの所まで来たそうです。

しかもレボリューションは展開した状態です。その原因はリモコンを失くしたからのようです。

それでもテントに大きな破損もなく簡単な修理で済んだようです。

さすがしっかりした商品は違いますね。

どうしてもの場合でも120キロのスピードで走ったらダメですよ。

防犯面も安心? 簡易ロック

庇を閉めて中から簡易的なロックを掛けることが出来ます。

面倒なので私は普段ロックは掛けていません。例えロックしなくても、ロックがあるのとないのでは安心感が全然違います。

こちらの紐が左右両側に付いています。この紐をテントの内側からフックに掛けるとロックが掛かります。紐の長さの調整が必要ですが難しい作業ではありません。

ハシゴを上にあげてしまうという手もありますが、庇があるので、その上にハシゴを乗せないといけません。中からは無理ですし、いざトイレの時も困ります。現実的ではないと思います。

私が更に進化させた? 防犯システム

防犯はとても大切だと思います。道の駅や高速道路のSAなど人の多い場所で車上泊をすると、どうしてもルーフテントに人が注目します。

その中には変な人がいるかもしれません。女性なら特に不安でしょう。

紐のロックだけでも先ず大丈夫ですが、少し不安ですが、付いているだけ凄いです。そこまで考えてくれているのですから

もっと簡単で効果的な防犯システムを自分で考えてみました。100均で自転車用のチェーンロックを2つ購入しました。

繋ぎ合わせるといい感じになりました。紐2つのロック+チェーンロックのダブルです。安心感はかなり増しました。

大分良くなりましたが、防犯ブザーや携帯電話での通報、護身グッズなど備えあれば患いなしです。

レボリューション 冬の最強アイテム インナーテント 

冬の寒さを防いでくれるインナーテントです。価格は12,960円です。

このインナーテントは現在レボリューションにしか取り付けが出来ません。

このインナーテントの説明も長くなるので別ページを用意します。