格安中古車で失敗しない方法 入門編
格安中古車で失敗しない方法

格安中古車で失敗した経験はありませんか?これから失敗しない格安中古車の選び方を紹介します。失敗したと思うのは不具合(故障)があった時ではないでしょうか。

中古車屋さんから安くてお買い得だよとか走行距離が少ないから長く乗れる、調子がいい車ですよと説明され購入されたんですよね。

長く中古車屋をやってきた私がその裏を説明します。格安中古車とは総額20万円以下の車の事をいいます。

総額20万円以下で販売出来る車とはどんな車でしょう?車検受け渡しで20万円で販売する車の仕入原価は5万円くらいに抑えたいです。

原価を安くしないと利益が出ませんので、削れる部分を削るしかありません。どの部分が削りやすいかというと整備の部分なんです。そこを削れば故障のリスクは大幅に上がります。

 

格安中古車は人気があるので整備無し、現状渡しで販売しているお店が多いです。故障のリスクが高い為避けましょう

安い車は沢山部品を交換しないと故障に繋がります。しっかり整備すると利益が出ませんので整備を省いて納車します。そうすると故障します。

安い車なので保証が付いていないことが多いです。お客様は失敗したと思うでしょう。

 このような事案はよくありますので注意が必要です。

失敗しない方法は信頼出来る車屋さんで購入する事です。故障してもその後の対応をしてくれるはずです。サービスで直してくれたり安く直してくれたりします。

関連記事を見て下さい。