ウオーターポンプ交換  しないとどうなるの?

 

私の愛車、100系ハイエースの工作車の水廻り一式交換についての記事です。水回り交換は

ラジエーターキャップ、サーモスタット、クーラントの事をいいます。何故この作業が大切なのか?交換を勧めるのか?一番の大きな理由は

オーバーヒートを防ぐためです。

サーモスタットが故障すると水温が感知されません。エンジンが熱くなると冷やさないとオーバーヒートします。逆に冷えている時は温めないといけません。その温度調節をしてくれるのがサーモスタットです。

ではウオーターポンプはどのような役割があるか? 簡単に説明すると冷却水を回すポンプです。ラジエターとエンジンの間を冷却水がずっと循環しています。ポンプが故障すれば水が循環しなくなりエンジンが熱くなりオーバーヒートすることになります。

大切な役割をしているのが分かって頂けたでしょうか?

 

 

スタッフの田中がハイエースはウオーターポンプのトラブルが多いので一緒に交換した方がいいということで交換することにしました。後で泣きたくなるのですが、この作業かなり大変な作業です。

 

 

簡単に説明すると、ポンプを交換するのにパワステポンプやダイナモ、エアコンのコンプレッサーまで外さないといけないのです。

コンプレッサーを外すとエアコンガスが抜けます。ガスが抜けると、真空引きをしてからでないとガスが入れられません。

道具も必要ですし、時間もエアコンガスも全て入れ直しです。エアコンの修理も多いので真空引きの機械も購入していたので良かったです。

どんどん道具が増えて行っています。そのおかげでいろんな仕事が出来るようになっていいのですが、道具を置くスペースが足りません。

結局、2人掛かりで7時間ほど掛かりました。工賃計算すると5万円ほどになります。でもサービスで車両価格はそのままです。

このハイエース、どんどん使いやすい車になっています。もしよかったら関連記事を読んでみて下さい。

 

しっかりと整備したおかげでハイエースは絶好調です。ルーフテントも取り付けたのでいろんな所に遊びに行けています。手放したくなくなってきました。