亡き妻が旅立って丸十年2011/02/15

私のことをよく知っている方はご存じだと思います。

本当にプライベートのブログです

妻が死んで10年が経った、今日が命日だということ

下の娘、そよ花は当時4歳、長女は7歳

この前、そよ花に「母ちゃん死んで10年なるで」覚えとるか?

と聞くとほとんど覚えていないらしい

唯、なにか温もりみたいなものは感じていたとのこと

これを書いてる今、何故か涙が出てしまう

理由は分からない

当時の子供の様子が頭をよぎると弱い涙腺が更に弱くなる

長女に尋ねると、まだ10年しか経ってないんだあと

15歳の長女の人生の三分の二は母ちゃんがいない時間

そりゃあ長いわなあと思った

次女のそよ花がこの春、中学を卒業して高校生になる

父ちゃんが行きたかった高校の調理科、父ちゃんは両親に反対されて別の高校に通った

子供との接点も少なくなり、父ちゃんは父ちゃんの人生を考えないといけない

子離れももうすぐ、父ちゃんの第二の人生なのかな

私のなかでこの十年は?

しっかりと遊ばせてもらった、好きなことをずっとさせて貰った、今現在も

これも子供が成長したから、そして両親が面倒を見てくれたから

これから先は、もう余生

私の目標、人の選択肢を広げられる人になりたい

こんな生き方、こんな考え方、こんな働き方….があるんだってことを子供たちに教えたい

楽しい人をどんどん増殖させたい

残りの人生を使ってこんなことをしようかなと

おすすめの記事