タワー&ワイドタワー

タワーの価格とサイズ

ルーフテントと軽キャンのメジャー 代表の三宅です

タワーは新型ルーフテントでダントツの1番人気!
ご質問、ご相談は直接三宅まで

NEWS 
イージーキャンパータワーの緒元
外寸 全長200㎝×幅127㎝×高さ25㎝

室内有効寸法 縦195㎝×幅120㎝×高さ95㎝

セミダブルベットのサイズ+天井が高く広い

重量は42キロ 軽さが大きな武器です 😀 

価格 税込304,700円 

ワイドタワーの諸元

ワイドTOWER
外寸:全長215cm×幅142cm×高さ25cm
室内有効寸法:210cm×135cm×高さ97cm
本体重量:約47kg(ワイドタワー型では最軽量です) ダブルベットサイズ

価格 税込354,000円

 

伸縮ハシゴ、靴収納袋、ランタンが標準装備です
インナーテントは別売りです(13,200円税込み

イージーキャンパータワーは薄く軽い しかもお値段すえおき

新型タワー 薄い
新型タワー 軽い
収納時には高さが25センチと薄くなりました。
重量は42キロです。前モデルの2/3の重量です!
タワーはイージーキャンパーの創業当時から続いている元祖モデルです
ルーフテントといえばタワーというイメージの方も多いでしょう
シンプルな構造なので、故障の確率が低く安心感があります
薄く、軽く、進化して値段も据え置きでガンバッテます!
タワー薄い
見てください、この薄さ!空気抵抗が少ないので燃費を気にしなくていい

新型ルーフテントではタワー推し

イージーキャンパータワー 内装

故障の確率がひくい、収納がらくになった、十分な広さ、シンプルさ、

「価格が税込み30万円チョイの安さ」が最大の魅力です

収納する際、前モデルではコツをつかむのに時間が掛かっていたんです

そのタワーがなんと改良の結果、ダンパーの跳ね上げる力がマイルドになったのです
以前より2割くらい楽に収納できるようになっちゃいました

寝心地の良さは是非、是非お伝えしたい
60ミリのマットレスの力がここまでとは!

「三宅家の場合😉」家よりも気持ちよく熟睡できちゃいます

収納量は前モデルに比べ少し劣りますが、収納時に25センチと薄くなったことが大きいです

ルーフテントの問題の一つである高さ、立体駐車場に安心して入れたら嬉しい👍

収納スペースは若干減りましたが、ハシゴと寝袋2つ+αは充分にできます

ハシゴを車に積めば、さらに収納力はアップします😍

ルーフテントと軽トラの組み合わせ

軽トラキャリア ルーフテント
ハードカーゴ付きタワー型ルーフテント
軽トラに乗せても結構似合うと思いませんか?
軽トラキャリア ハードカーゴの取り扱いも始めました

軽トラの上はかなり高く感じ、風通し、見晴らしが素晴らしいです
風が強かったせいか、揺れが大きく感じました

まとめと 独自の新型ルーフテント ランキング

どの機種も良いところ、悪いところあります

迷っているのなら完成度の高いレボリューション

便利さと広さ、軽さを求めるなら

e-タワー e-シェルフィッシュ

オールマイティーはタワー

一人なら最軽量のシェルフィッシュ

辛口のルーフテント屋からひとこと!新型ルーフテント独自の順位
1位 タワー
2位 e-タワー
3位 e-シェルフィッシュ
4位 シェルフィッシュ
私の個人的な意見です。

因みにレボリューションは殿堂入りです